屋根を守る防水工事

男性

防水工事は建物にはとても重要な工事であり、住み良い家づくりをするには防水工事は必須の工事です。
屋上やベランダといった部分にウレタンやFRPなどの防水効果の高い材質のコーティングをするのが一般的であり、施工をすることで建物の隙間などから水が入ってくるのを防いだり、建物自体の素材へ水が染みこんだりするのを防ぐことができます。屋上やサイディングなどの部分には繋ぎ目が存在しますが、この繋ぎ目は時を経つごとに劣化していく場合があります。繋ぎ目が劣化するとその部分から中に水が入るようになり、住宅に大きな影響を及ぼすようになります。雨漏りが発生する可能性はもちろんのこと、侵入した部分から住宅の素材へと水分が浸透し錆や腐食といった原因になる事があります。
そのため屋上の防水工事は欠かさず実施するようにし、住宅にとって大きなダメージを与えないように心掛けましょう。

防水加工をする目安としてはいくつかのポイントがあり、それらに当てはまるようなことがあればなるべく早く防水加工をする必要があります。
最も分かりやすいのが雨漏りをしていることであり、この症状は屋根を見なくても簡単に確認することができます。また目地が破損していたり割れていたりするなどの異常も、一度屋根を確認してみればわかりやすいものです。他にも雑草が生えていたりコンクリートがひび割れているなどの症状も防水工事をする目安となります。こうした事項があるからといってすぐに住宅が劣化するわけではありませんが、なるべく早く行動することによって軽度の被害で症状を食い止めることができます。
雑草が生えていたり雨漏りが多く発生しているなどのサインを見つけたら、なるべく早急に防水工事をして屋根の補修をするようにしましょう。